AERIAL LAB ~ PENTAX K-mから流れに流れて ~

pentox.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Vivitar 20mm 1:3.8 WIDE-ANGLE ( 3 ) タグの人気記事


2011年 10月 19日

赤外線風景写真のリベンジ(覚書)

以前、赤外線写真を撮ろうとしたら、ゴーストが盛大に出て、そのまま帰ってきてしまった。
赤外線フィルタIR78を使ってみた

という訳で、リベンジ持した時の話。

赤外線写真を撮るために、FUJIFILMのTACフィルタIR-78をKenkoのテクニカルホルダーIIで挟んで付けている。
レンズは、Vivitar 20mm 1:3.8 AUTO WIDE-ANGLEっていうM42マウントのレンズで、RAYQUALのマウントアダプタを介して取り付けている。
古いレンズなら、赤外線用のピント目盛りが付いているとのご指摘をいただいたので、持っているレンズの中から探したら見つかった。
他のレンズにも付いていたけど、こいつはフィルター径が82mmなので、テクニカルホルダーIIにステップアップリングを介さずに付けれるので、被験体に決定。

カメラにフィルター(ホルダー込)を付けた状態。
f0226196_2053828.jpg


そして、前回は盛大にゴーストが出ていたので、ファインダーから見える範囲にに太陽を入れないようにした。更に、カメラを日陰に置いて、横からの光の影響も少なくしようとしてみた。
また、長時間露光ではファインダーから入ってくる光も撮像素子が反応してしまうとのことだったので、ファインダーをタオルで塞いでみた。

それがこの状態。
f0226196_21204310.jpg


いざ撮るという段階になって、まずはISO1600&絞り開放にして、ニュアルでシャッタースピード30秒で数枚撮ってピントの確認をした。
それが決まった所で、ISOと絞りを使いたいところに変更。
ここで、問題発生。
絞りの数値の意味がわかっていなくて、F3.5からF11にするときに、シャッタースピードを何倍にすればいいか分からなかった;;;
結局、絞り分で適当に2.5倍にして、ISO分で4倍にして、結局約10倍のシャッタースピードで撮ってみた。

その写真がこれ。
008/365 Infrared Landscape
ISO 400 Aperture F11 Exposure 316.2s(5m16.2s)

ゴーストも出ず、予想以上にきれいだったけど、時間がかかる。
1枚撮るのにシャッター切るので5分間、ノイズリダクションがかかって更に5分間・・・
そして、やっぱりライブビュー機能がほしいなと思った。

使用機器
・PENTAX K10D
  + Vivitar 20mm 1:3.8 AUTO WIDE-ANGLE
  + FUJIFILM IR-78 with Kenko TECHNICAL HOLDER II
・SIGMA DP2


クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキングへ
[PR]

by pentox | 2011-10-19 21:37 | 豊橋
2011年 04月 25日

渥美鉄道

f0226196_6105568.jpg


使用機材
・PENTAX SPⅡ
・Vivitar 20mm 1:3.8 AUTO WIDE-ANGLE
・Kodak TMAX 100

クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング|08;
[PR]

by pentox | 2011-04-25 06:11 | 電車
2011年 04月 23日

正林寺2

正林寺のsakuraの続き

今度は、フィルム


f0226196_285022.jpg



使用機材
・PENTAX SPⅡ
・Vivitar 20mm 1:3.8 AUTO WIDE-ANGLE
・Kodak TMAX 100

クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 写真ブログへ 人気ブログランキング|08;
[PR]

by pentox | 2011-04-23 02:08 | 豊橋